隅田川花火大会2015年の日程は?2つの会場へのアクセスや違いは?

sumidagawa
毎年多くの観覧者が訪れる隅田川花火大会

全国的にも有名な花火大会ですよね。

出掛ける方も多くいらっしゃるんじゃないでしょうか。

今回は、隅田川花火大会の2015年の日程や第一会場、第二会場へのアクセス方法や違いについてご紹介します。



スポンサードリンク
 

隅田川花火大会2015年の日程は?

隅田川花火大会は、毎年7月の最終土曜日に開催されます。

今年の開催日程は、2015年7月25日(土)です。

荒天で実施できないときは翌日の7月26日(日)に順延となります。

両日とも実施できないときは中止となります。

打ち上げ時間は、19:05~20:30です。

当日は約2万発の花火が打ち上げられます。



隅田川花火大会の会場へのアクセス方法は?

隅田川花火大会は打ち上げ場所が2箇所あります。


●第一会場へのアクセス方法

打ち上げ場所:桜橋下流~言問橋上流

最寄り駅:東武スカイツリーライン・銀座線・都営浅草線「浅草駅」

スポンサードリンク

浅草駅から会場まで徒歩15分くらいです。


●第二会場へのアクセス方法

打ち上げ場所:駒形橋下流 ~ 厩橋上流

最寄り駅:都営浅草線「浅草駅」、都営浅草線・都営大江戸線「蔵前駅」

浅草駅、蔵前駅から会場まで徒歩5分くらいです。



隅田川花火大会第一会場と第二会場の違いは?

会場によって内容や混雑状況などが違います。

打ち上げ数は、
第一会場:約9,350発
第二会場:約10,650発

となり第二会場の方が少し多いです。

開始時間は、
第一会場:19:05~20:30
第二会場:19:30~20:30

となり第一会場の方が開始時間が早いです。


第一会場では、コンクールの花火が打ち上がり創作花火など変わった花火を見ることができます。

毎年テレビで中継されている隅田川花火大会も、第一会場となります。


第二会場は第一会場に比べて人が少なく、周辺道路も18時以降から規制になるので、夕方からでも場所を取ることができます。

混雑を避けてじっくり花火を楽しみたい方は、第二会場の方がおすすめです。

また第一会場よりコンビニが多く、買い物やトイレなどは第二会場の方が便利ですよ。



まとめ

隅田川花火大会の日程やアクセス方法、第一会場と第二会場の違いについて紹介しました。

各会場によって花火の内容や打ち上げ数など違いがあります。

第二会場の方が比較的人が少ないので、じっくり花火を楽しみたい方にはおすすめです。

ぜひ隅田川花火大会を楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ