足利花火大会2015年の日程は?打ち上げ場所や有料席は?

ashikaga
足利花火大会は明治36年より行われており今年101回目となる歴史のある花火大会です。

関東の花火大会の中でも規模が大きく迫力のある花火を楽しむことができます。

足利花火大会の日程やアクセス方法などをご紹介します。

また気になる有料席の情報についても紹介しているのでチェックしてみてくださいね。



スポンサードリンク
 

足利花火大会2015年の日程は?

足利花火大会は毎年8月の第1土曜日に開催されます。

今年の開催日程は、2015年8月1日(土)です。

荒天で実施できない場合は翌日の8月2日(日)に延期となります。

打ち上げ時間は、午後7時~午後9時です。

当日は、約2万発の花火が打ち上げられます。

特にフィナーレの大ナイアガラと大スターマインは見どころです。

他にも尺玉花火や仕掛け花火など迫力のある花火を楽しむことができます。



足利花火大会の打ち上げ場所は?

スポンサードリンク

打ち上げ場所:渡良瀬川田中橋下流河川敷


<アクセス方法>

●電車の場合

JR「足利駅」の南口から徒歩約5分

東武伊勢崎線「足利市駅」から徒歩10分

●車の場合

東北自動車道「佐野藤岡IC」から足利桐生方面へ車で30分

北関東自動車道「足利IC」から車で約10分


当日は周辺の学校や公共施設などの臨時駐車場約8000台程が用意されています。

でも周辺道路はかなり渋滞するので、電車を利用するのもおすすめです。



足利花火大会は有料席はあるの?

足利花火大会では、桟敷席と有料観覧席2種類の有料席があります。

有料観覧席は、昨年から登場し仕掛け花火正面の部分にブルーシートが設置されます。

<有料席情報>

・桟敷席(1坪):17,000円(定員5人)

・有料観覧席(1.8mx3.6m):8000円(定員10人)

有料観覧席だと1人当たり800円というお得な価格になっています。

間近で迫力のある花火を楽しめるのでおすすめです


チケットは毎年6月上旬頃から発売開始されます。

申し込み方法や詳細などは足利商工会議所のHPなどをチェックしてくださいね。



まとめ

足利花火大会の日程やアクセス方法、有料席の情報についてご紹介しました。

仕掛け花火などが間近で見れる有料観覧席は、10名で利用すれば1人当たり800円と格安となっています。

当日は2万発の花火が打ち上がり、迫力のある花火を楽しむことができますよ。

ぜひ足利花火大会を楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ