足利花火大会の場所取りはいつから?おすすめスポットや駐車場は?

ashikaga2
毎年40万人の方が訪れる足利花火大会。

当日は2万発の花火が打ち上がり、迫力のある花火を楽しむ事ができます。

そんな花火大会を楽しむなら、良い場所でみたいですよね。

今回は足利花火大会の場所取りやおすすめスポット、駐車場の情報などについてご紹介します。


また足利花火大会の日程や有料席などについてはこちらの記事で紹介しています。
【関連記事】足利花火大会2015年の日程は?打ち上げ場所や有料席は?



スポンサードリンク
 

足利花火大会の場所取りはいつから?

桟敷席や有料席の後ろや横辺りは正面から花火が楽しめるので人気の場所となっています。

なので当日の朝早くから場所取りが始まります。

いい場所を取りたいなら、朝から場所取りすることをおすすめします。

またメイン会場から少し離れた場所や反対側の河川敷なら午後からでも十分に場所を取ることができます。


前回私が行った時は、お昼くらいに着いてメイン会場で場所取りをしました。

その時間だと人気の場所はほとんど埋まっていますが、大人数でなければ場所取りをすることができますよ。


また場所取りをする場合は、シートが飛ばないようにしっかりと固定してガムテープなどで目印をしておきましょう。

固定をして目印をしておけば、取られる心配はほとんどないので場所を離れても大丈夫です。

早い時間に場所取りして、夕方頃まで周辺を観光するのも良いですよ
「周辺の観光スポットはこちら【楽天たびノート】」



足利花火大会のおすすめスポットは?

メイン会場以外のおすすめの観覧スポットをご紹介します。

【織姫公園】

打ち上げ場所からは距離がありますが、花火と夜景を楽しむことができるスポットです。

織姫公園は小高い丘になっているので、眺めがよく花火も綺麗に見えます。

当日は混雑するので、早めに行って場所取りした方がいいですよ。

また夕方以降は駐車場に向かう道なども規制されるので注意してくださいね。

「織姫公園の詳細な地図や周辺情報はこちら【楽天たびノート】」



【ヤマダ電機テックランド足利店の屋上】

花火の打ち上げ会場から近いので花火がきれいに見えます。

人気のスポットなので早めに行くようにしましょう。

スポンサードリンク


【足利税務署の裏の土手】

河川敷の打ち上げなので、遮るものがなく土手でも花火が綺麗に見えます。

打ち上げ場所からも近いので迫力のある花火を楽しむことができます。

人も比較的少ないので夕方に行っても場所取りすることができます。

混雑を避けたい方にはおすすめのスポットです


【田中橋の上】

橋の上は5時半以降交通規制が行われるので、歩行者天国になります。

ブルーシートを敷いて観覧は出来ないですが、近くで花火を楽しむことができます。

遅い時間に行っても観覧できるおすすめスポットです。


他にも、少し離れた河川敷で車を停めて見るのもおすすめです。



足利花火大会駐車場はあるの?

当日は周辺の学校や公共施設などの臨時駐車場が約8000台程あります。

メイン会場から近い桜小や三中は、午後1時から駐車可能です。

でも会場から近いので、午後3時頃にはいっぱいになってしまいます。

ここに駐車したい方は早めに行くようにしましょう。

その他の駐車場については、メイン会場から近い場所から埋まっていきます。

青葉小やふれあいセンターなら遅い時間でも空いてる場合がありますが、メイン会場まで2.5Kmくらい離れています。

帰りの渋滞を考えると、会場から少し離れた駐車場に停めた方が混雑は少なくなりますよ。



まとめ

足利花火大会の場所取りやおすすめスポット、駐車場の情報などについてご紹介しました。

人気の場所は、早い時間に埋まってしまいます。

良い場所で見たい場合は、朝から行って場所取りをするようにしましょう。

メイン会場以外にもおすすめスポットはあるので、良い場所を見つけて足利花火大会を楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ