黒部ダムの観光放水の時期と時間は?観覧スポットや周辺の観光は?

kurobedamu
日本一の高さを誇る黒部ダム。

黒部ダムといえば、大迫力の観光放水が有名ですよね。

立山黒部アルペンルートの中でも人気の観光スポットとなっていますよね。

今回は、黒部ダムの観光放水の時期などの情報についてまとめてみました。

他にも黒部ダム周辺の観光スポットなども紹介しているので参考にしてみてくださいね。



スポンサードリンク
 

黒部ダム観光放水の時期と時間は?

黒部ダムでは毎年6月下旬から10月中旬の期間に観光放水が行われます。

期間中は天候によっては中止される場合もありますが、毎日朝から夕方まで観光放水を見ることができます。

今年2015年は、下記の日程で行われます。

期間:2015年 6月26日(金)~ 10月15日(木)

時間:6月26日~7月31日 6:00~17:30
   8月1日~9月10日 6:30~17:00
   9月11日~10月15日 7:00~16:30


日本一の高さから毎秒10トン以上の水が放水される観光放水は、迫力満点です。

また晴れた日には、きれいな虹がかかり美しい眺めを見ることができます。



黒部ダムの観光放水が見れるスポットは?

黒部ダムの観光放水は6ヶ所の場所から眺める事ができます。


ダム展望台

黒部ダム駅から220段の階段を上った所にある展望台です。

標高1,508mのダム展望台からは、立山連峰や北アルプスのパノラマを眺めることができます。

また黒部ダムを一望することができる場所です。


野外階段

ダム展望台から新堤防広場につながる野外階段です。

スポンサードリンク

移動しながら黒部ダムと周りの大自然を楽しむことができます。

途中にある踊り場では、放水を近で見ることができ撮影スポットとしてもおすすめです。


新展望広場

新展望広場は、大迫力の放水を最も近い位置で観れる場所です。

毎秒10トン以上の放水をほぼ真横から楽しむことができます。


ダムえん堤

ダムえん堤は、全長492mあり放水を真上から眺めることができます。

日本一高いダムえん提から眺める放水は、大迫力満点です。


放水観覧ステージ

放水観覧ステージは、バリアフリー通路となっており車いすやベビーカーでも行くことができます。

えん堤とほぼ同じ高さから、迫力満点の放水を楽しむことができます。



黒部ダム周辺の観光スポットは?

黒部ダムでは、放水以外にも観光スポットがいくつもあります。

カンパ谷のつり橋から黒部湖畔沿いには湖畔遊歩道があり、散策するのにおすすめです。

湖畔遊歩道は高低差もなく歩きやすいので、子供連れの方でも楽しむことができますよ。

遊歩道以外にもトレッキングコースがいくつかあり、大自然に囲まれてトレッキングを楽しむことができます。


他には、黒部湖上を30分かけて周遊する遊覧船ガルベもおすすめです。

デッキからは、湖畔の原生林など美しい大自然の景観を楽しむことができます。

遊覧船ガルベの料金は、大人1080円、子供:540円です。


その他の黒部ダム周辺の観光スポットなどはこちらで見ることができます。

「黒部ダム周辺の情報はこちら【楽天たびノート】」



まとめ

黒部ダムの観光放水の情報についてご紹介しました。

毎秒10トン以上の水が放水される観光放水は、迫力満点です。

観光放水以外にも周辺散策や遊覧船など楽しめるスポットもあります。

ぜひ黒部ダムを満喫してみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ