輪島朝市は何時から何時まで?無料駐車場やおすすめグルメは?

wajimaasaiti
日本三大朝市の1つ「輪島朝市」は有名ですよね。

一度は訪れてみたいと思っている方も多いんじゃないでしょうか。

朝市はとっても活気があり、採れたての魚介類や野菜などを買うことができます。

私は輪島に行った際はは必ず立ち寄っています。

今回は、輪島朝市の開催時間や駐車場、おすすめグルメなどについてご紹介します。



スポンサードリンク
 

輪島朝市は何時から何時まで?

輪島朝市は、午前8時から12時まで開催されます。

定休日は、正月の3が日と第2・4水曜日です。


輪島朝市では、朝市通りに約200軒の露店が並びます。

魚介類や野菜や民芸品など色々な種類のお店があります。


休日は混雑するので、なるべく早い時間に行くのがおすすめです。

7時30分頃から少しづつお店が並び始めます。

また11時頃になると片付けを始める店も出てくるので、11時前までには行くと良いですよ。



輪島朝市に無料駐車場はあるの?

輪島朝市では、朝市の会場から徒歩1分程の場所に「朝市駐車場」があります。

スポンサードリンク

住所:石川県輪島市マリンタウン1-1


朝市駐車場は、出庫時間によって有料となります。

午前8時30分~12時までに出庫した場合は、有料となり料金がかかります。

料金は、普通車300円です。

駐車料金は、駐車場を出る時に支払いとなります。

12時以降は、無料となります。

なので12時頃まで朝市にいる場合は、12時を過ぎてから駐車場を出ると良いですよ。



輪島朝市のおすすめグルメは?

輪島朝市では、新鮮な海産物をはじめ干物や野菜、民芸品など色々な露店があります。

おすすめは、やっぱり魚介類です。

新鮮な魚や海産物などが多くあり、珍しい魚などもありますよ。

また炭火コーナーがあり、買った魚を焼いて食べる事ができます。

新鮮な魚をその場ですぐに焼いて食べるのは、とても美味しいですよ。


つかもとさんの「えがらまんじゅう」もおすすめです。

えがらまんじゅうは、もち粉でこし餡を包み、くちなしの黄色で染めたもち米をまぶして蒸し上げた饅頭です。

食感はもち米がまぶしてあるので独特で、中のこし餡が甘さ控えめでとても美味しいです。

私が輪島朝市に行くと必ず食べたくなる商品です。


他には、珍しい珍味や輪島塗りの箸などもお土産としておすすめです。



まとめ

輪島朝市の情報についてご紹介しました。

新鮮な魚介類やえがらまんじゅうはぜひ味わってみてくださいね。

また朝市で売られるものには、値札があまり付いていません。

お店の人と値段交渉しながら買うのもなかなか楽しいですよ。

ぜひ値切りも楽しんでみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ