結婚式を欠席した場合ご祝儀は必要?相場や渡すタイミングは?

gosyugi2
友人から結婚式の招待状をもらったけど、どうしても都合がつかなくて欠席。

そんな時に悩むのがご祝儀だと思います。

ご祝儀は必要なの?

欠席した場合のご祝儀の相場はどれくらいなの?

など疑問に思いますよね。

今回は、友人の結婚式に欠席した場合ご祝儀は必要なのかや相場などについてご紹介します。



スポンサードリンク

結婚式を欠席した場合ご祝儀は必要?

結婚式に出席しない場合は、ご祝儀はどちらでも大丈夫です。

でも結婚式に招待されたら、お祝いするのが一般的です。

なので相手との交流関係によって渡すか決めるようにしましょう。

仲の良い友人の場合は、お祝いとしてご祝儀やプレゼントを渡した方が良いですよ。

また自分の結婚式に出席してもらっていた場合は、ご祝儀を渡しましょう。


逆にあまり交流がない友人で今後もあまりお付き合いをしないなら渡さなくても大丈夫です。

でも招待状に出席の返事をしていて、欠席となった場合はお詫びの気持ちも含めてご祝儀は渡した方が良いですよ。



結婚式を欠席した場合のご祝儀の相場は?

友人の結婚式に欠席した場合のご祝儀の相場は、1万円~2万円が一般的です。

ご祝儀1万円とプレゼントを送る方も多いみたいです。

私の場合は、ご祝儀1万と相手が欲しいプレゼントを送ります。






一番悩むのが、自分の結婚式に出席してもらって3万円のご祝儀を頂いている場合だと思います。

3万円のご祝儀を頂いている場合でも、ご祝儀の中には引き出物代と料理代が含まれます。

なので同額を包む必要はなく、相場程度の金額を包めば大丈夫です。


ここで注意が必要なのは、招待状で出席の返事をした後に欠席になった場合です。

結婚式まで期間が1ヶ月以上ある場合は、料理や引き出物の変更が可能なので相場程度の金額で大丈夫です。

でも直前になって欠席した場合は、料理や引き出物などのキャンセル料が発生します。

なのでお詫びの気持ちも含めて、出席した場合と同額のご祝儀を渡しましょう。

友人の結婚式の場合の一般的な相場は、3万円です。


また欠席した場合は、会場宛に電報を送ってお祝いの気持ちを伝えると良いですよ。







結婚式を欠席した場合のご祝儀を渡すタイミングは?

結婚式の1ヶ月前までには、ご祝儀を渡すようにしましょう。

できればお日柄の良い日に、直接渡すと良いですよ。


でも遠方などで直接渡せない場合は、現金書留を利用すると良いですよ。

郵便局でご祝儀袋が入る現金書留封筒があるので、それを用いて送りましょう。

その場合も届く日は、お日柄の良い日を選んで送るようにしましょう。

またご祝儀と一緒にお祝いのメッセージも添えて送ると良いですよ。




まとめ

友人の結婚式を欠席した場合のご祝儀についてご紹介しました。

欠席する場合は、相手との交流関係に合わせてご祝儀を渡すか決めましょう。

ご祝儀の一般的な相場は、1万円~2万円です。

でも一番大切なのは、金額ではなくお祝いの気持ちです。

なので相手の欲しいプレゼントを送るなどでも良いと思いますよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ