おからパウダーの作り方は?保存方法や日持ちは?


最近ダイエット効果があるなどで話題のおからパウダー。
でも売り切れだったり、値段が高かったりと中々買えなかったりしますよね。
そんな時は安価な生おからから手作りがおすすめです。
今回は、生おからからおからパウダーを作る方法や保存方法についてご紹介します。


スポンサーリング

おからパウダーの作り方は?

生おからからおからパウダーを作る方法はいろいろあります。
ここではフライパンと電子レンジでの作り方を紹介します。

フライパンで作る方法

1.フライパンに生おからを入れ弱火で乾煎りする
2.ヘラなどでかたまりを砕くように混ぜ、水分を飛ばす
3.30分くらいで水分が飛んでサラサラになったら完成

おからが焦げないように火加減には注意してくださいね。

長時間乾煎りするのは大変ですよねそんな時は下記の方法がオススメです。

電子レンジ+フライパンで作る方法

1.耐熱容器に生おからを入れラップをせずに3分加熱
2.電子レンジで加熱したおからをフライパンに入れ弱火で乾煎りする
3.ヘラなどで固まりを砕くように混ぜ水分を飛ばす
4.10分くらいでサラサラになったら完成

最初に電子レンジで加熱する以外はフライパンのみでの作り方と一緒です。

電子レンジで加熱することで、煎り時間が短縮され手軽に作ることができます。

フライパンでの乾煎りだと焦げたりして大変って方は電子レンジでの作り方もオススメです。

電子レンジのみで作る方法

1.生おから150gを耐熱皿に平らに広げ、ラップをせずに5分加熱
2.レンジから取り出し、ヘラなどで良く混ぜる
3.平らに広げ更に5分加熱
4.おからの水分が飛んで乾燥していたら完成、乾燥が不十分な場合は更に加熱する
5.粗熱が取れたら、フードプロセッサーやミルサーにかけてパウダー状にする

フードプロセッサーやミルサーがない場合は4で完成でも大丈夫ですが、粗めな粉になってしまいます。

電子レンジで加熱し過ぎると焦げる場合があるので注意してくださいね。

スポンサーリング




手作りおからパウダーの保存方法と日持ちは?

おからパウダーを作った後は、密閉容器やジッパーなどに入れて保存します。

密閉容器に入れる時は完全に冷めてから入れてくださいね。

生おからは冷蔵保存でもほとんど日持ちしないですが、おからパウダーにすることで冷蔵庫で10日ほど保存する事ができます。

生おからから作ると一度に出来る量が多いので、使いきれない場合もありますよね。

長期保存したい時は冷凍保存がおすすめです。
1ヶ月くらいを目安に使いきるようにしましょう。



まとめ

おからパウダーの作り方や保存方法について紹介しました。

今話題のおからパウダー、生おからから手軽に作ることができるのでぜひ試してみてくださいね。

冷凍保存もできるので多めに作っておくと便利でよ。

スポンサーリング

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ