鯉のぼりはいつから出していつまでにしまうの?夜はしまうの?

koinobori
子供の日が近づいて来ると鯉のぼりを見かける事が多くなりますよね。

青空で風に揺れる鯉のぼりは、見ててとても気持ちがいいですね。

ところで皆さんは鯉のぼりはいつ頃出してますか?

決まりなどあるのでしょうか。

今回は、鯉のぼりはいつから出していつまでにしまうのか

についてまとめてみましたのでぜひ参考にしてくださいね。



スポンサードリンク

鯉のぼりはいつから出すの?

鯉のぼりはいつまでに出さないといけないという決まりは特にないようです。


春分の日を過ぎてから4月中旬までに飾る方が多いようです。


旧暦でお祝いをしている地域は、4月3日を過ぎてから出すようです。


遅くてもこどもの日の1週間前には出すようにしましょう。


またお祝い事なので、日取りを選んで飾る場合も多いようです。


4月以降に天気や日取りの良い日を選んで飾るとよいでしょう。



鯉のぼりはいつまでにしまうの?

出す時と同じでしまう時期も特に決まってないようです。

スポンサードリンク

雛人形のようにすぐに片付けなければいけないという事もないようですよ。


こどもの日が過ぎた後の晴れた日にしまう方が多いようです。

地域によっては5月いっぱいまで飾っておく場合もあるようです。

また旧暦でお祝いしている地域は、6月5日が過ぎてからしまうようです。


地域によって違いはありますが、天気や日取りの良い日を選んで片付けるとよいでしょう。



鯉のぼりは夜はしまうものなの?

鯉のぼりは、できれば夜はしまうようにしましょう。


晴れた夜でも鯉のぼりは意外と音がします。

昼間は気にならなくても夜の静かな時には意外と耳障りになる場合もあります。

隣近所の方の迷惑になる場合もありますので気をつけましょう。


また鯉のぼりは、ナイロン製やポリエステル製の物がほとんどなので
雨などに濡れても問題はないですが、雨に濡れた鯉のぼりと濡れてないものでは
やっぱり消耗の度合いが違うので雨の日はしまった方がよいでしょう。


毎年飾る鯉のぼり、出来れば綺麗な状態で長持ちさせたいですよね。

毎晩片付けるのは大変かもしれませんが、大切に扱う為にもしまうようにした方がいいでしょう。



まとめ

今回は鯉のぼりの出す時期やしまう時期などについてご紹介しました。

特に出す日もしまう日も決まりはないようですね。

都合の良い日に、天気と日取りを見て飾ったり片付けたりするとよいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ