お中元を贈る時期は関東と関西で違う?金額の相場や遅れた場合は?

otyugen1
いざお中元を贈ろうと思っても、

お中元っていつ贈ればいいの?

遅くなった場合はどうしたらいいの?

と分からない事が多いですよね。

しかも関東と関西だと贈る時期が違うって知ってましたか?

お中元の贈る時期や金額の相場、遅れた時の方法などについてご紹介します。


またお中元を贈る相手についてはこちらの記事で紹介しているので参考にしてみてくださいね。

【関連記事】お中元を贈る相手は?親や親戚はどこまで贈ればいいの?



スポンサードリンク
 

お中元を贈る時期は関東と関西で違うの?

お中元を贈る時期は関東と関西では1ヶ月近く違いがあります。

一般的な時期は、

関東:7月上旬から15日まで

関西:7月15日から8月15日まで

となっています。


関西では、旧暦で行うので関東と1ヶ月ほどのズレがあります。

関西の方が関東の親戚などに贈る場合は時期が違うので注意が必要です。

スポンサードリンク

関東の方に贈る場合は7月15日までに贈りましょう。

地域によって贈る時期に違いがあるので、贈る相手に合わせて準備するようにしましょう。


お中元を贈る金額の相場は?

一般的な相場は、

知人や親戚:3000円~5000円

仲人や上司:5000円前後

となります。

相手との関係を考慮して適切な金額で贈るようにしましょう。

あまりに高額な物を贈ると相手の負担になってしまう場合があるので注意が必要です。







お中元を贈る時期が遅れたらどうすればいいの?

遅れてしまった場合は、時期に合わせて表書きを変えて贈りましょう。

●関東
7月16日~立春(8/7頃):暑中お見舞い
立春以降:残暑お見舞い

●関西
8月16以降:残暑お見舞い

目上の方に贈る場合は、「暑中御伺い」「残暑御伺い」で贈りましょう。

関東と関西では時期がズレているので注意してくださいね。



まとめ

お中元の贈る時期や金額の相場などについてまとめてみました。

関東と関西では、お中元を贈る時期に1ヶ月近くズレがあります。

地域によって時期のズレが有るので贈る時に注意してくださいね。

ただ最近では、お中元を贈る時期が早まってきている傾向にあります。

6月末から7月中旬までに贈る方も増えてきているようです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ