長岡花火大会2015年の日程は?アクセス方法や見所は?

nagaokahanabi
日本三大花火大会の1つである長岡まつり大花火大会。

毎年約90万人以上の方が訪れる程人気の花火大会です。

一度は行ってみたいと思う方も多いんじゃないでしょうか。

今回は、長岡花火大会の日程やアクセス方法、みどころなどについてご紹介します。



スポンサードリンク
 

長岡花火大会2015年の日程は?

長岡花火大会は毎年、8月2~3日の2日間で行われます。

今年2015年は、8月2日(日)・8月3日(月)となります。

打ち上げ時間は、19:25~21:10です。

長岡花火大会は、長岡まつりのメインイベントとして開催されます。

長岡まつりは8月1日から前夜祭が始まり、2日~3日の本祭へと続きます。

花火大会当日も長岡まつり会場では、11:30~15:30まで色々なイベントが行われます。

イベントを楽しみながら花火の打ち上げを待つのもおすすめですよ。



長岡花火大会のアクセス方法は?

長岡花火大会は、長生橋下流信濃川河川敷で行われます。




【アクセス方法】

●電車の場合

JR長岡駅から徒歩30分

スポンサードリンク

上越新幹線、上越線、信越本線でJR長岡駅まで来ることができます。

JR長岡駅から花火会場まで歩いて約30分程かかります。

●車の場合

関越自動車道 長岡ICから車で10分

駐車場は、無料と有料合わせて6000台ほどが準備されています。


駐車場は準備されていますが、会場周辺はかなり混雑するので車より電車の方がおすすめです。



長岡花火大会の見所は?

長岡花火大会は、両日で約2万発の花火が夜空に打ち上がります。

正三尺玉や超特大スターマインなど超特大花火が数多く打ち上げられ、迫力のある花火を楽しむことができます。


その中でも一番の目玉はフェニックス。

フェニックスは、中越地震からの復興を願った復興祈願花火です。

その想いが伝わるのか、フェニックを見て涙を流す方もいるほど感慨深い感動的な花火です。


他にも、天地人花火やナイアガラ、尺玉100連発など人気プログラムもいっぱいあり楽しむことができます。



まとめ

長岡花火大会の日程やアクセス方法、みどころについて紹介しました。

迫力のある超特大花火やフェニックスなど魅力がいっぱい。

見所もいっぱいあり2日間で90万人も超える人が集まるのも納得できますね。

ぜひ長岡花火大会を満喫してくださいね。


他にも長岡花火大会の情報を紹介しているので参考にしてみてくださいね。

【関連記事】長岡花火大会1日目と2日目の違いやホテルの予約は?右岸と左岸なら?

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ