長岡花火大会1日目と2日目の違いやホテルの予約は?右岸と左岸なら?

nagaokahanabi2
長岡まつり大花火大会は日本三大花火大会の1つでとても人気ですよね。

三尺玉やフェニックスなど注目の花火も数多くあります。

観覧者数も2日間で90万人以上となり多くの方が訪れます。

長岡花火大会の1日目と2日目の違いやホテル予約はできるのか?

右岸と左岸見るならどちらがおすすめ?

など長岡花火大会を楽しむために役立つ情報を紹介します。



スポンサードリンク
 

長岡花火大会1日目と2日目どっちがいいの?

長岡花火大会は8月2日、3日と2日間の日程で行われます。

両方見たいけど、1日しか見れない場合どちらがいいのか疑問に思いますよね。

実は、規模・内容はほぼ同じなのです。

フェニックスや三尺玉、天地人花火、ナイアガラなど注目の花火は両日とも打ち上がります。

なので都合のいい日に行くといいですよ。

今年2015年は、開催が日・月曜日なので2日目の方がゆったりと見れるかもしれないですね。



長岡花火大会ホテルの予約はできる?

長岡花火大会には2日間で約90万以上の方が訪れます。

なのでホテルを確保するのは非常に厳しい状況です。

毎年花火大会が終わると、来年の予約をいれる常連観覧者も多いようです。

また長岡市内のホテルは大手旅行会社が、花火ツアー用に大量に予約をしてしまうので予約が取れない状態になります。

旅行会社のツアーでも、長岡市内のホテルで泊まるプランは少なく新潟市内など離れたところが多いです。


私が2013年に行った時は、塩沢石打IC周辺の宿に泊まりました。

7月に入ってから探して予約を行ったのですが確保することができました。

スポンサードリンク

長岡市内から離れた場所の旅館やホテルなら見つけることができると思いますよ。


電車で移動する方なら、燕三条や新潟市内、越後湯沢などがおすすめです。
「越後湯沢周辺のホテル情報やクチコミはこちら【楽天たびノート】」

アクセスも新幹線停車駅なので、30分程で着くことができます。


車で移動する方なら、上越市や魚沼市辺りの温泉地などがおすすめです。

長岡からは少し遠くなりますが、その分予約できる可能性があります。



長岡花火大右岸と左岸どちらがおすすめ?

長岡花火大会は、信濃川を挟んで右岸(東側)と左岸(西側)の両岸で観覧することができます。

私のおすすめは右岸です。

長岡花火の目玉であるフェニックスや三尺玉は、右岸の方が綺麗に見えます。

左岸は打ち上げ場所から近いので迫力のある花火を楽しむことができます。

スターマインなどは左岸の方が綺麗に見えます。


またJR長岡駅を利用する方は右岸で見る方がいいですよ。

花火終了後22:00までは大手大橋が通行止めになるので、左岸で見ると長岡駅に着くまでにはかなり時間がかかります。

両岸ともおすすめポイントがあるので、何をメインにして花火を楽しむかで場所を決めるといいですよ



まとめ

2日間行われる長岡花火大会は、両日とも規模・内容はほぼ同じです。

長岡花火大会は2日間で約90万人以上の方が訪れるので宿泊先を探すのはとても大変です

長岡市から少し離れた場所などで探すと見つかるかもしれません。

観覧場所は、自分がメインで見たい花火によって場所を選びましょう。

長岡花火を楽しんでくださいね。


他にも長岡花火大会の情報を紹介しているので参考にしてみてくださいね。

【関連記事】長岡花火大会2015年の日程は?アクセス方法や見所は?

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ