洗濯槽クリーナーの塩素系と酸素系の違いは?おすすめの商品は?

sentakusou
洗濯槽クリーナーには塩素系と酸素系の2種類がありますよね。

酸素系の方が汚れが取れるって聞いたけど、本当なのかな?

どっちを使用したらいいの?

って悩む方も多いんじゃないでしょうか。

今回は、洗濯槽クリーナーの塩素系と酸素系の違いについてご紹介します。



スポンサードリンク
 

洗濯槽クリーナー塩素系と酸素系の違いは?

洗濯槽クリーナーには、塩素系と酸素系の2種類があります。

塩素系と酸素系の違いは、汚れを落とす方法が異なります。

塩素系

亜塩素酸ナトリウムを主成分とし、汚れを分解して溶かします。

酸素系

過炭酸ナトリウムを主成分とし、汚れを浮かせて剥がします。


塩素系では、汚れが見えないので取れた汚れを実感しにくいと感じる方が多いようです。

逆に酸素系は、取れた汚れが目で見えるので効果があったと感じる方が多いようです。

でもそれは汚れの落とし方の違いなので、酸素系の方が効果があるというわけでもありません。


塩素系と酸素系どちらを使うかは、状況に合わせて使用するのがおすすめです。

塩素系のニオイが苦手な方や、子供がいる家庭で塩素系の成分が気になる方には酸素系がおすすめです。

でも酸系の場合は、こまめに掃除を行わないと剥がれた汚れを取り除くのが大変になります。

こまめに掃除を行うことができない場合は塩素系の方がおすすめです。

また長期間掃除をしていなかった場合は、酸素系で一度汚れを剥がしてから塩素系で掃除を行うといいですよ。



洗濯槽クリーナ塩素系のおすすめ商品は?

塩素系の洗濯槽クリーナは、

・一般的な塩素系洗濯槽クリーナー

・洗濯機メーカ純正洗濯槽クリーナー

があります。


純正洗濯槽クリーナーは、ドッラグストアなどで入手できる市販品の塩素系洗濯槽クリーナーに比べて、値段が高くなっています。

スポンサードリンク

でも市販品より使用後の効果が良いと好評のようです。

市販品であまり効果が得られていない方には、洗濯機メーカ純正洗濯槽クリーナーはおすすめです。



洗濯槽クリーナー酸素系のおすすめ商品は?

酸素系洗濯槽クリーナも様々な種類があります。

一番のおすすめは、酸素系洗濯槽クリーナの原料である過炭酸ナトリウムそのままです。



他にも、シャボン玉やエスケーの酸素系漂白剤なども過炭酸ナトリウム100%なのでおすすめです。

ドラッグストアだと中々入手できないかもしれないですが、ホームセンターや東急ハンズなどで入手することができます。


手軽に入手できるものでは、ワイドハイターの粉末タイプなど粉末の酸素系漂白剤がおすすめです。



まとめ

洗濯槽クリーナーの塩素系と酸素系の違いについてご紹介しました。

塩素系と酸素系では汚れの落とし方が違うので、状況に合わせて使うようにしましょう。


また洗濯機や洗濯物の臭いが気になる場合は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

【関連記事】洗濯物の生乾きの臭いを防ぐ方法や洗剤は?クエン酸がおすすめ!

【関連記事】洗濯機の臭いの原因は?洗濯槽や排水溝の対策方法は?

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ