おはぎの日持ち手作りの場合は?保存に冷蔵はダメ?冷凍の仕方は?

ohagi
秋のお彼岸の食べ物といえばおはぎですよね。

私もいつも実家から手作りのおはぎをもらって食べています。

でもたくさん頂いて食べきれないなんて事もありますよね。

おはぎってどのくらい日持ちするの?

食べきれなかったおはぎの保存はどうしたらいいの?

って悩む方も多いんじゃないでしょうか。

今回は、おはぎの日持ちや保存方法についてご紹介します。



スポンサードリンク

おはぎの日持ち手作りの場合はどのくらい?

秋のお彼岸の時期だとまだ暑いので、常温保存だと半日程度くらいしか日持ちしません。

更に素手で作ったおはぎは、雑菌により傷みが早くなってしまいます。

常温保存する場合は、タッパーなどの密閉容器に入れて直射日光の当たらない涼しい場所で保存しましょう。

なるべく作った日に食べ切るようにしましょう。

でも、食べきれない場合もありますよね。

そんな時は、冷凍庫での保存がおすすめです。



おはぎの保存に冷蔵はダメなの?

おはぎを冷蔵庫で保存すると2~3日程日持ちさせることができます。

でもおはぎは乾燥して硬くなってしまい味も劣化してしまいます。

なので冷蔵保存はおすすめできません。

乾燥や味の劣化を防いで保存するには冷凍保存がおすすめです。


でも作った翌日に食べる時などは、冷蔵保存する場合もあると思います。

冷蔵庫で保存する場合は、1つずつラップに包んで密閉袋に入れて保存しましょう。

更に野菜室で保存する方が良いですよ。

食べる時は、電子レンジなどで温めてから食べるようにしましょう。


スポンサードリンク



おはぎの保存冷凍の仕方は?

おはぎを長期保存するには、冷凍保存が一番おすすめです。

冷凍保存の方法は、冷蔵保存の場合と同じで1つずつラップに包んで密閉袋に入れて保存します。

冷凍保存したおはぎの日持ちは、1ヶ月程度です。

なので1ヶ月を目安に食べるようにしましょう。


食べる時は、自然解凍がおすすめです。

更に自然解凍後に電子レンジで軽く温めたほうが中のもち米が硬くなく良い感じなります。

自然解凍する時間がない場合は、凍ったままのおはぎを電子レンジで解凍して食べる事もできます。

でも電子レンジで解凍するとムラが出来やすいので注意してくださいね。



まとめ

今回は、おはぎの日持ちや保存方法についてご紹介しました。

おはぎの保存には冷凍保存がおすすめです。

冷蔵保存した時みたいに硬くなったり味の劣化もないので良いですよ。

また常温保存だとほとんど日持ちしないので、早めに冷凍保存するようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ